2007/01/25(木)HTTP asf (wmv/wma)ストリームのpush配信プロトコル

Windows Media Player 9(WMV9) などによるHTTPストリームデータの仕様は以下のサイトに書かれていますが、push配信については記述がありません。その点について解析を行いました。

http://sdp.ppona.com/

匿名push配信時のプロトコル解析

クライアントからサーバへのリクエスト。

POST /test HTTP/1.1
Content-Type: application/x-wms-pushsetup
X-Accept-Authentication: NTLM, Digest
User-Agent: WMEncoder/9.0.0.3287
Host: 192.168.0.1:8080
Content-Length: 0
Connection: Keep-Alive
Cache-Control: no-cache
Cookie: push-id=0

サーバからクライアントへの応答。

HTTP/1.1 204 No Content
Server: Servet-agent
Content-Length: 0
Date: Tue, 09 Jan 2007 10:02:58 GMT
Pragma: no-cache, timeout=60000
Cache-Control: no-cache
Set-Cookie: push-id=35201712
Supported: com.microsoft.wm.srvppair, com.microsoft.wm.sswitch, com.microsoft.wm.predstrm, 
com.microsoft.wm.fastcache, com.microsoft.wm.startupprofile

注意点

  • (サーバ側では)Connection が keep alive される
  • クライアントが接続テストだけを行ってきた場合は、この時点で終了する。

配信時の接続ではさらに次のように続きます。

POST /test HTTP/1.1
Content-Type: application/x-wms-pushstart
X-Accept-Authentication: NTLM, Digest
User-Agent: WMEncoder/9.0.0.3287
Host: 192.168.0.1:8000
Content-Length: 2147483647
Connection: Keep-Alive
Cache-Control: no-cache
Cookie: push-id=35201712

$H~以下ストリームデータ~

ストリームデータの取り扱い注意

push配信によって渡されるストリームデータは、HTTP Protocol (Pesudo-Stream) のうち「Type Header」のあとに含まれる、「MSS Pre-header」(8byte)がありません。よってこのヘッダに含まれるシーケンス番号やフラグなどを中継サーバ側で生成し追加してやる必要があります(この際、Type Headerにあるパケットサイズも書き換える必要があります)。

  • MSS Pre-header の先頭2byteは、$Hや$Eの場合 "00 0C"、$Dの場合 "00 00" で問題ありません。
  • MSS Pre-header の Length は $D などのパケットヘッダの Length と同じ値を設定します。

Digest認証時のプロトコル解析

Digest認証を求める場合、サーバ側は次のような応答を返します。

HTTP/1.1 401 Unauthorized
Server: Servet-agent
WWW-Authenticate: Digest qop="auth",algorithm=MD5-sess,nonce="XX~XX",charset=utf-8,realm="Digest"
Date: Tue, 09 Jan 2007 10:34:57 GMT
Pragma: no-cache, timeout=60000
Set-Cookie: push-id=98422531
Supported: com.microsoft.wm.srvppair, com.microsoft.wm.sswitch, com.microsoft.wm.predstrm, 
com.microsoft.wm.fastcache, com.microsoft.wm.startupprofile
Content-Length: 0
OK キャンセル 確認 その他