2007/02/04(日)Windows Media Service(WMS) 代替サーバ wmrelay

wmrelayって?

Windows Media エンコーダ(WME9)には小規模なライブ中継機能(ストリーミングサーバ機能)を持っていますが、最大接続数に制限があり*1、中継元のアップ回線が細いといろいろと不都合が起こります。

Windows Media Services(WMS) などを用いて大規模な中継を行ったり、icecastのように複数の協力者で大規模中継を試みたいところですが、WMS は Windows Serverにしか付属せず、高い上に Windows を外部向けサーバとして運用させるのも気乗りしません。

wmrelay を利用すれば、Linux、FreeBSD、通常のWindowsマシンなどで誰でも手軽に中継サーバを実現できます(mmsプロトコルは非対応です)。協力者を集めれば大規模中継も簡単に行えます。

*1 : 標準で5人、最大で50人まで

ダウンロード

wmrelay_win-img.jpg

ライセンス:GPL (Version 2 or later)

  • wmrelay.lzh Version 2.12
    • (Windows) wmrelay.exe を実行(ファイル単体でok)
    • (Linux/FreeBSD) wmrelay.pl を Perl 5.8.1 以降で実行

変更履歴

  • Ver2.13 2010/04/10 -b オプションの追加。バッファディフォルトを 64 に変更。
  • Ver2.12 2009/08/24 [Windows] EXE化をActivePerl5.10ベースにしました。
  • Ver2.11 2007/03/08 [Windows] GUIで動作しない不具合を修正しました
  • Ver2.10 2007/02/13 [Windows] GUI操作画面を作成
  • Ver2.01 2007/02/05 Mac等で動かない問題を修正(Thanks to RXさん)
  • Ver2.00 2007/02/03 全面書き直し。pushサーバ機能追加
  • Ver1.00 2005/06/07 初公開

Linux/FreeBSD等での動作

Linux, FreeBSDなどではPerl 5.8.1以降でithreadが有効なものが必要です。.plをWindows環境(GUI)で使用する場合は、GUI-Loftのインストールが必要です(参考サイト)。

「perl -V」として実行したとき「useithreads=define」と出力されればOKです。

~$ perl -V
Summary of my perl5 (revision 5 version 8 subversion 8) configuration:
<中略>
hint=recommended, useposix=true, d_sigaction=define
usethreads=define use5005threads=undef useithreads=define usemultiplicity=define

動作確認

  • エンコードソフト:Windows Media Encoder 9 (WME9)
  • 再生ソフト:Windows Media Player 6.4*2/9.x, Winamp, MPlayer(Linux)
  • wmrelay動作環境:FreeBSD 6.2、Ubuntu 6.10(Linux 2.6)、Windows 2000

音声のみ、動画再生共に確認してます。

*2 : WMV9 Codecが必要です

使い方

wmrelayはコマンドラインから起動します。使用例は次のようになります。

配信元 http://192.168.1.50:8888/
送信ポート 標準値(8080)
>wmrelay http://192.168.1.50:8888/
配信元 http://test-stream.dyndns.org:8080/
送信ポート 8000
>wmrelay -p 8000 http://test-stream.dyndns.org:8080/
配信元 http://test-stream.dyndns.org:8080/path/file.asf
送信ポート 9000
最大接続数 200
>wmrelay.pl -p 9000 -m 200 http://test-stream.dyndns.org:8080/path/file.asf

オプションの解説

-hコマンドラインヘルプを表示します
-cCUI(GUIをオフにして)使用します(Windowsでの動作時のみ)
-p [num]送信に利用するポート番号を指定します(省略時:8080)
-m [num]最大接続数を指定します(省略時:100)
-b [num]バッファサイズを指定。16,32,64,128,256,512,1024 どれか(省略時:64)
-l [file]ログファイル名を指定します。%p はポート番号で置き換わります
-f [file]プッシュサーバモードでのパスワードファイルを指定します(後述)
-a [pass]プッシュサーバモードでのパスワードを指定します(後述)
-sリレー元からのパケット受信情報を表示しません
-dデバッグ情報を表示します

最大接続数の目安

回線速度(アップ速度)をストリームのビットレートで割れば目安がわかります。スピードテストサイトなどで「Upload Speed(上り)」を計測してみてください*3

「アップ速度:0.5Mbps ストリーム:136kbps」の場合0.5*1024 / 136 = 3.7647... (connections max)端数は切り捨てて(必ず切り捨てること)3人が理論限界です。

「アップ速度:12.58Mbps ストリーム:226kbps」の場合12.63*1024 / 226 = 57.226... (connections max) 57人が理論限界ですが50人程度にしておくほうが無難です。

*3 : 「Download Speed(下り)」は無関係です

push配信モード

ストリーム受信元URLを指定しないと、wmrelayはpushサーバモードで動作します。このモードでは中継クライアント(Windows Media Encoder9)から中継要求(サーバへのプッシュ要求)があった際に中継が開始されます。

中継先ポートには配信に利用するポート(-p port_number)と同じ番号を指定します。公開ポイントは適当で構いません(wmrelayは公開ポイントを無視します)。

wme9_push.png

また1つのプログラム(1つのポート)につき同時に1つのストリームのみが中継可能です。パスワードを指定しないと誰でも中継可能となりますのでご注意ください。サーバを止めるときは CTRL-C を何度か押してください。

共通パスワードモード

ユーザー名に関わらず、特定のパスワードを入力したクライアントの接続をすべて受け付けるモードです。パスワードは起動時に次のように指定します。

>wmrelay -a password

ユーザー別パスワードモード

起動時にパスワードファイルを指定することで、ユーザー別のパスワードを設定します。

>wmrelay -f password_file

パスワードファイルは「ユーザー名=パスワード」という書式になります。

# この行はコメントです
user1=pass1
user2=himitsu

パスワードの設定されているユーザーが居ない場合や、パスワードファイルがない場合には、誰でも中継可能になりますので注意してください。

クライアント(リスナー)の使いかた

例えば、210.11.22.33 というIPのマシンにおいて、標準状態の 8080 で中継した場合は、クライアントは次のようにアクセスします。

http://210.11.22.33:8080/

ブラウザから .asx ファイルを経由して表示させたい場合は、ブラウザで次のアドレスにアクセスするよう指示します。

http://210.11.22.33:8080/relay.asx

参考資料

OK キャンセル 確認 その他