2007/02/03(土)PARでPerlをWindows実行ファイルに(with ithreads)

ActivePerl 5.10の場合はこちら。以下はActivePerl5.8.x用です。

PARとは

PARとは、Perlのパッケージツールの1種なのですが、これを利用することでWindows上で(Perlがなくても)実行出来るEXEファイルを生成することができます。ActivePerlなら通常

> ppm install PAR
> pp -o test.exe test.pl

で済むのですが、この標準の PPM パッケージが古く、ithreads が利用出来ないなどの欠点があります。これは perl 5.8.0 ベースで作られているせいであり、同じ理由で「use 5.8.1;」なども書くことができなくなります。

PARによるPerlスクリプトのEXE化を参考に、Mingwを入れて最新版をインストールしたのですが、どうしても次のエラーが出て実行できませんでした。

Can't locate Win32.pm in @INC (@INC contains: .) at xxx.pl line 817.

この問題をうまく解決出来たので報告します。

PARのインストール

そのときの最新版で問題ないと思いますが、不安な場合はまったく同じバージョンを用意してください。まず、ActivePerlをインストールします。その後、それぞれのファイルを解凍します。

まず、ExtUtils::FakeConfigが必要なので、ppmで構いませんからインストールしてください。

> ppm install ExtUtils-FakeConfig

次に PAR-Packer にパッチを充てます。必ず make 前に行ってください*1

PAR-Packer-0.973\script\par.plの690行目付近
    require PAR::Dist;
    require PAR::Filter::PodStrip;
    require Win32 if $^O eq 'MSWin32';		# この行を追加
    eval { require Scalar::Util };

あとは普通に make してインストールしてください。make 時に不足するライブラリやツールは自動で取ってくれると思います(ただし再度同じコマンドを実行する必要が出たりします)。

> cd PAR-0.973
> perl Makefile.PL
> nmake
> nmake install
> cd ..
> cd PAR-Packer-0.973
> perl -MConfig_m Makefile.PL
> nmake
> nmake install

これで、ithreads が問題なく動く pp が生成できると思います。

*1 : make済の場合は修正後にmake cleanを

OK キャンセル 確認 その他