2011/04/20(水)LT3582を使った正負電源ミニDCDCボード

LT3582.jpg

LT3582は2.55V~5.5Vの単電源から正負電源を生成できるICで、出力電圧はプログラミングできます。予め12Vに設定されたICを使って±12VのDCDCコンバータを製作しました。

前作ったやつと基本的には同じですが、基板を起こし直しました。PCM2702-v2 DACのDCDC部分を取り出したような感じですが、多少調整しています。

概要

入力電圧2.55~5.5V
出力電圧±12V
出力直流等価抵抗約5Ω
大きさ縦横 約20.5mm / 厚み 約4.3mm
出力電流50mAぐらいまで / 絶対定格130mA(L3,L4の制限)

このボードは出力にLフィルタが付いているため、直流等価抵抗を持ちます。出力電流に応じて電圧降下が発生します。

回路図と部品表

LT3582.png

番号概要型番
U1DCDC ICLT3582-12
C1,C2積セラ 10uF/16V/X5REMK212BJ106KG-T
C3,C4積セラ 10nF/25/X7R-
C5,C8,C9積セラ 1uF/16V/X7REMK107B7105KA-T
C6,C7積セラ 47uF/16V/X5RC1210C476M4PACTU
D1,D2SBD 30V/2A/0.37V@2ACMS06(TE12L,Q,M)
L1,L2パワーコイル 10uHNR6028T100M
L3,L4チップコイル 100uH/4.5ΩGLCR2012T101M-HC
F1,F2フェライトビーズ 1kRMMZ2012R102A

入力に大きめのコンデンサと出力フィルタつけてある以外、ほぼデータシード通りです。*1

*1 : もっとも、DCDCはボードデザインが命なわけですけど。

定数設定とか

元々C6/C7も10uF、L3/L4に10uHや47uHを使っていたのですが、いざアンプにつないで試聴テストをすると音がガヤガヤするので、47uF/100uHに変更。DC安定度は少し悪くなるのですが、簡単にみた感じでは電池とそんなに変わらないかという感じでした。

いつものヘッドホンアンプを熱暴走しないよう定数変更*2して使いましたが、両チャンネルで50mAぐらい消費して、このとき入力は4V前後で400mAぐらいになります。

実際100mA程度までは動作しないこともないのですが、電池(エネループ)では電流不足のとなるため50mAぐらいが限界の模様。また電流を多め(100mA~)に取ったとき、5Vを超えると動作が不安定になることがあります。入力側のコンデンサを増やすことで改善するかもしれませんが未テストです。

*2 : R9~R12を50Ω

その他

追加情報があれば随時掲載します。委託頒布はこちら

OK キャンセル 確認 その他