2016/07/06(水)Fusion PCBが微妙だったので、Elecrowを使ってみた

プリント基板の製作に、普段P板を使っていて最近Fusion PCBに移行してたのですが、色々と問題があってElecrowを使ってみることにしました。

Fusion PCBの問題

  • 製造は速いけども、早く発送する気がまるでない。
  • 一度登録したクレジットカード情報を削除する方法がない。
  • キャンセル品*1の返金を忘れられて、1ヶ月待たされた。

*1 : 注文後即キャンセル

Elecrowのルール

Fusion PCBと同じ機械なのか非常によく似ています。

項目P板Fusion PCBElecrow
最小パターン幅0.127mm0.1524mm0.1524mm
最小パターン間隔0.127mm0.1524mm0.1524mm
最小パッド間隔0.127mm0.1524mm0.2032mm
最小シルク高さ1.0mm1.0mm0.8128mm
最小シルク線幅0.127mm0.1524mm0.15mm
最小ホール経0.3mm0.3mm0.3mm
最小ランド経(PTH)0.6mmHole+0.3048mmHole+0.1524mm
銅箔厚18um/35um35um/70um35um/70um*2

細かい違い

Fusionはガーバーをアップロードするとweb上でサイズが確認できたり、枚数の融通が効きますが、Elecrowはその辺の融通が効きません。

あと量産製造だと、銅箔厚みを2oz(75um)に設定できなかったり、色の制限があったり、異種面付けができなかったりします。*3

*2 : 20枚以下のみ

*3 : 2ozは特注すればやってくれそうですので、いずれ試してみようと思います。

面付けルール

PCB Panelize is Available nowに説明があります。

  • 同一基板の面付け
    • 面付け代がかかる(Fusionは無料)
    • すべての面付け基板は同じ方向を向ける。
  • 異種基板の面付けは、種類数に関わらず5面付けまでで有料。
    • 製造枚数は20枚まで
  • 面付けはV-cut処理。

その他の条件。

  • Vcut線は外形線に書き込む。
  • 最小基板サイズ : 8cm×8cm
  • Vcutとパターンの間は0.7-0.8mm程度離す(板厚1.2mm以下は0.6-0.7mm)

「5cm×5cm未満はシルクに書き込んで分けろ。その場合の料金は無料」と書かれているので(Vcutはしてくれないと思われる)、5cm×5cm以上ならば特注対応でカットしてくれると思われます。

ガーバーデータの形式

Fusion PCBと一緒です。

  • 部品面パターン : .GTL
  • 部品面レジスト : .GTS
  • 部品面シルク : .GTO
  • 半田面パターン : .GBL
  • 半田面レジスト : .GBS
  • 半田面シルク : .GBO
  • 外形線データ : .GML
  • ドリルデータ : .TXT

ステンシル(メタルマスク)製造時。

  • 部品面マスク : .GTP
  • 半田面マスク : .GBP

注文から届くまで

送料$20だったので、OCS/ANA Expressで注文しました。

  • 6/30 注文
  • 7/04 Traceable
  • 7/05 国内着
  • 7/06 基板到着(佐川)

注文から6日後に到着してしまいました。早い。2週間かかるFusionはもとより、P板頼むより早いんですけど(苦笑)

2回目

  • 7/15 注文
  • 7/20 Traceable
  • 7/21 国内着
  • 7/26 基板到着(佐川)

国内の輸入申請で4日止まるという珍事。「Prototyping Board」の意味がわからなかったらしいんだけども、OCS/ANAさんはもうちょっとしつこく電話してくるか、そのままPrototyping Boardでググるなりしてほしい。

3コールぐらいで切れる電話なんて出られないよ。

UPSとかFedexとかなら、そんな凡ミスはしない気がしてきた。

基板の品質

elecrow_pcb.jpg

上がElecrowで、下がFusion PCBです。高解像度の画像置いておきましたので、クリックすると拡大します。

シルクが断然綺麗ですね。シルク位置は若干ずれてますが、個人的には許容範囲です。そしてP板でハズレ工場引いたときよりも綺麗です(笑)

2回目 2016/07/26

elecrow_pcb2.jpg

シルクがずれてパッドの上に完全に乗ってる。そして前回よりもシルクの印刷が汚くなってる。どうしよ……。

→サポートに問い合わせたら再製造してくれました。

量産製造 2016/09/14

200枚ほど製造してみました。

elecrow_pcb_batch.jpg

  1. レジスト不良
  2. 基板にキズ
  3. ホール潰れ(ただしP板でもパッドが小さいと言われ製造拒否られた幅*4
  4. シルク汚れ

その他、ホール潰れ(ハンダ埋まり)が1つ、細かいキズや汚れは数えられないぐらいありました。+10%ぐらい余分に製造して検品しないとダメな感じです。

*4 : ホール経1.8mm、ランド経2.4mm。推奨ランド経は満たさないけど、製造基準書は満たしているのでなんで拒否られたのか謎。しかも以前は結構な数を問題なく製造してもらっていて、再製造の度にルールの厳しくなるP板の謎。

まとめ

  • 値段やデザインルールはFusionと同じぐらい。
  • Fusionよりもオーダーの融通は効かない。
  • 7日ぐらいで届けてくれる。*5
  • シルクが綺麗。
  • 注文枚数より1,2枚余分に入ってる。
  • 1割ぐらい多めに製造して検品した方が良い。

今後はElecrowメインで使っていこうと思いました。この品質なら、よっぽどのことがない限りP板使わなくていいや。

品質最優先のときはP板は揺るがないかな、という感じです。

最近のElecrow 2017/02/01

2016年末頃から、繁盛しているのか、ひどい製造失敗報告をTwitterで頻繁に見かけるようになり、自分自身も裏表を逆に切り込み入れてあるひどい製造物を受け取ったので、現状はっきり言っておすすめしないです。

他探そう……。

*5 : Fusionは何を選んでもシンガポール経由で送ったりして、早く届ける気がない。

OK キャンセル 確認 その他